人事・組織 | 経営

マネジメントとリーダーシップの違い。なぜ今リーダーシップが求められるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リブノバのロゴ

マネジメントとリーダーシップは混同されがちですが、企業の経営にあたってはそれぞれ異なる役割を果たします。一般的に、企業の健全な運営には適切なマネジメントが必要であると認識されています。しかし、企業が大きく成長を続けるためにはリーダーシップを発揮できる人財が必要不可欠です。そこで、マネジメントリーダーシップの違いをふまえ、何故今リーダーシップが求められるのか、またリーダーとはどのような人財かを具体的に説明します。

リーダーシップとマネジメントの違いとは?

マネジメントとはいわゆる管理のことであり、管理職に求められる役割です。一方、リーダーシップは必ずしも管理職に必須とは限りません。

では、改めて考えると、企業成長に求められるリーダーシップとは何でしょうか。リーダーシップとは、目標を達成するためにメンバーを動かす能力のことです。リーダーとは変革を実現し続けることができる人財です。つまり、既存事業の競争力を大幅に改善し、新規事業を開拓して運営できる人財を指します。これらを実現する人財の要件として、リーダーには、企業が勝っていくための戦略的思考能力や、その戦略にそって組織の意思統一を図れることが求められます。

一方マネージャーには、予算やあらかじめ決められた目標を達成する能力や、部下の指導力、現状の分析能力や判断力が必要です。しかし、企業の更なる成長のための変革の提案や、それを実現するために組織を引っ張る役職ではありません。

なぜリーダーシップが求められるのか

アイキャッチ画像 なぜリーダシップが求められるのか

企業におけるリーダーシップの必要性を、日本経済を例に考えてみましょう。

日本の経済は、戦後の復興から高度成長を遂げ、安定期を経てバブル期に入り、バブル崩壊後の長期低迷が続きます。2008年のリーマンショックでどん底に陥り、アベノミクスで上向きにはなったものの、成長は加速しません。なぜでしょうか?

色々な要因があるのは確かですが、例えば「社会保障の持続的充実がないから」という要因を考えてみます。社会保障が充実すれば経済成長の加速に貢献するにもかかわらず、いまだに充実していない理由は、実現に必要な社会保険料の引き上げに財界が反対するからです。日本経済の成長は、政界にとっても財界にとっても日本の求める姿であることは言うまでもありません。しかし自分が不利になる状況に責任を負って立つ人がおらず、対立が平行線をたどったままです。ここで、あるべき姿に対して自ら責任を負ってそれを追求する人財が輩出されれば、変革による日本経済の成長加速が期待できるはずです。残念ながら、今の日本ではあるべき姿に向かって変革を実現する環境が整えられているとは言えないでしょう。

会社の創業期においては、創業者や創業メンバーが事業のビジョンと目標を決めて、会社を成長させるためのリーダーシップをとるのが普通です。しかし会社の成長が軌道にのって組織が安定してくると、初期のリーダーは経営陣として会社のマネジメントと戦略構築のみに従事しがちです。しかしや戦略の構築だけでは、変革による成長は望めません。競争力を強化して更なる成長を目指す為には、組織内でリーダーシップをとれる人財を確保するか、育成する必要があります。

に昨今のような変化が激しく不確実な時代においては、マネジメントよりも新たなビジョンを描いて組織を活性化し、前進させるリーダーシップが求められます。つまり、企業の成長ステージに合わせて求められるリーダーシップも変わるのです。

リーダーシップ発揮する人財とは

アイキャッチ画像 リーダーシップを発揮する人財とは

現在、また近い将来における企業の成長ステージに適したリーダーシップを発揮できる人財はどのようにして確保すべきでしょうか?一案として、求めるリーダーシップのタイプを既に持っている新たな人財を登用するという考え方もあるかと思います。しかし、外部登用した人財が自社の理念や文化を理解し、それに沿った適切なリーダーシップを取れるかは不透明です。組織風土に適応した頃には、その時には既に企業の成長ステージは変わってしまっている可能性もあります。ではどうすべきなのでしょうか?

実は、先ほどの4つのリーダーシップは誰しもが必ず1つ以上は保有をしている能力です。それを発揮できているかどうかはその人個人、もしくは組織の環境によるところが大きいです。つまり、企業の成長ステージに即したリーダーシップを発揮できる人財は、実は社内人財にいます。社員のリーダーシップを発揮できるだけの能力開発、組織環境の整備ができているかという点こそ、経営者が見つめなおすべきポイントなのです。

まとめ

アイキャッチ画像 まとめ

市場の変化が激しい時代に企業が競争力を強化して成長し続けるためには、変革を恐れずに追求するリーダーシップと、それをサポートする組織環境が必須条件です。リーダーシップとは必ずしも役職者が発揮する能力ではなく、組織全体としてリーダーシップが発揮される組織こそ、VUCAの時代において最も強い組織といえるでしょう。まずは企業の成長ステージを捉え、ステージに適したリーダーシップをいかにして社員に発揮してもらうかが、「リーダーシップを取れる人財を確保する」ことに繋がります。

オリジナルサイトで読む

MBAバンク資料請求ボタン

MBAバンクへのリンク

WRITER筆者

MBA CROWDSOURCING 編集部