トレンド | 経営

創業計画書の作成を業務委託しませんか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は創業計画書、事業計画書の作成などで、MBAバンクのコンサルタントに依頼を頂くケースが増えています。

税理士からの依頼もあるMBAバンク

創業計画書や事業計画書は、クライアントからヒアリングして作成する上で、ある程度の工数がかかってしまいます。実際、税理士の先生に利用されている理由を伺うと、その分をMBAバンクに依頼することで、より生産性の高い仕事に注力したいとのことです。

将来の売上予測や収益シミュレーションの妥当性は、業種によっては、税理士の先生の方で判断が難しいケースもあり、その事業の経験があり、MBAで経営に対しての知識もあるコンサルタントは依頼がしやすいとご好評いただいています。MBAバンクへのリンク

ある程度、クライアントの事業に踏み込んだアドバイスをする上で、MBAバンクのコンサルタントから得た内容が非常に参考になり、クライアントとの信頼関係の工場につながったという感想もございました。

MBAバンクに創業計画書や事業計画書を依頼する場合の価格

MBAバンクは、MBAを取得したコンサルタントによるエントリー制ですので、業務の分量にもよりますが5万~15万の事例が多く、10万程度が相場です。

ある程度、フォーマットを埋めるだけの業務であれば5万円、収益シミュレーションや事業モデルも考えたいとなると15万というのが過去のケースからうかがえます。

具体的な依頼内容としては、以下のような創業計画書にある項目をクライアントからインタビューして作成しています。

  • 創業の目的と動機
  • 創業する事業の経験
  • 強み、セールスポイントおよび競合状況
  • 事業の着手状況
  • 創業時の投資計画とその調達方法や内容
  • 損益計画

上記に加えて、金融機関の金利や返済計画などキャッシュフローを組み込んだ収益シミュレーションを3ヵ年で依頼できます。

3週間~1ヵ月のプロジェクトが多いようですが、比較的短期でプロジェクト登録から10日間ほどで依頼できるケースもあります。なお、超短期の場合は、MBAバンクの事務局の方にご相談いただければ、可能かどうか、MBA生に確認の上、ご返答させていただきます。

MBAバンク事務局連絡先はココをクリック

※担当者が外出しているケースが多いため、メールでのお問い合わせをお願いします。

MBAバンクができること

MBAバンクのコンサルタントは、国内、海外のMBAに通っている、もしくは、MBAを卒業した方です。ITや金融、商社、コンサルティング、製造業などさまざまな業種で実務経験を経たコンサルタントが多いので、実務経験を踏まえた経営アドバイスを得ることができます。

また、親会社が経営コンサルティングファームですので、最終的な品質チェックまで行っている点も、クライアント企業との信頼関係が大切な税理士・会計事務所にとって安心してご利用頂いている特徴の一つです。

まとめ

MBAバンクに登録しているコンサルタントのほとんどは創業計画書や事業計画書を作成することに慣れていますので、あとは必要な業界について知見があるコンサルタントを選ぶことがポイントです。

MBAバンク資料請求ボタン

MBAバンクへのリンク

WRITER筆者

MBA CROWDSOURCING 編集部